【海外】旅人のオススメ

【パリ女ひとり旅】泊まったホテルを徹底レビュー【ホテル オペラ マリニー】

「ひとりでパリに行こう!」

そう決意してから最初に悩むのはホテルではないでしょうか。

治安・立地・口コミなど調べることがたくさんあって大変ですが、この記事では管理人が女ひとりで2泊したパリのホテルを丁寧にレビューしていきます

ホテル名は「Hotel Opera Marigny(ホテル オペラ マリニー)」です。

※サイトによっては「ホテル オペラ ”マリグニー”」と表記されています。

こちらのホテルは、わたしが考える女性のひとり旅・女子旅に必須の3つの条件が揃ったホテルです。

女子旅にピッタリなホテルの条件

①治安がいい

 …必須!

②アクセスが便利

 …タクシーに乗らなくても移動できるように

③インテリアにこだわっている

 …ホテルでもパリを満喫するために

ここからはこの3つの条件をクリアしたホテルを詳しくご紹介していきます!

「Hotel Opera Marigny/ホテル オペラ マリニー」を徹底レビュー

ホテル オペラ マリニーについて女性が気になるポイントを徹底的にレビューしていきます!

①立地|とにかく便利で空港からのアクセスも◎

ホテル オペラ マリニーは、地下鉄のマドレーヌ駅から歩いてたった3分の場所に位置しています。

こちらはホテルから徒歩15分以内で行くことができる場所の一部です。

徒歩でパリ有数の観光名所やデパートに行くことができるのはとても便利ですよね^^

【観光名所】

・オペラ ガルニエ(オペラ座)

・マドレーヌ寺院

・オランジュリー美術館

・コンコルド広場

【ショッピング】

・ギャラリー ラファイエット

・プランタン

空港から向かう際は、オペラ座行きのロワシーバス(Roissy Bus)が便利です。

日中は15分間隔で運行していて、混雑状況にもよりますが所要時間は約60分パリの景色を楽しみながら移動することができます。

運賃も片道13.7ユーロとお手頃です。(2022年10月時点)

車内は路線バスのような感じでした。窓が大きいので外の景色が見やすくて楽しかったです◎ ロワシーバス車内

②インテリア|お洒落で女子旅にぴったり

ホテルはまさにパリというオシャレで洗練された雰囲気でした。

まずはホテルの外観から。真っ白な外観が可愛らしく、期待が膨らみます。

ホテル オペラ マリニー(マリグニー)外観

中に入ると、フロントでのスタッフの方が笑顔で迎えてくれました。

こじんまりとしたホテルですが、フロント横にはかわいいインテリアの朝食スペースがあります。

ホテル オペラ マリニー(マリグニー)フロント

ちなみにわたしがホテルに到着したのは朝9:30とだいぶ早かったのですが、お部屋を用意してくれて早めにお部屋に入ることができました。

清潔感がある可愛いお部屋

案内されたお部屋は2階。

私が予約したのは「クラシック」という、このホテルでは一番小さいお部屋でした。

他の部屋タイプはホテルの公式HPから確認することができます。(日本語にも対応)

https://hoteloperamarignyparis.com/ja/rooms.html

ドアを開けると、パリらしい可愛いインテリアのお部屋に迎えられました。

ホテル オペラ マリニー(マリグニー)部屋

ベッドに向かって右手には大きい窓があって、窓からパリの街を眺めることができます

ホテル オペラ マリニー(マリグニー)窓からの景色

ベッドに向かって左手にはバスルームがあります。

ホテル オペラ マリニー(マリグニー)部屋

白で統一された清潔感のあるバスルームです。綺麗に清掃されていました

ホテル オペラ マリニー(マリグニー)バスルーム

トイレの反対にはシャワーブースがあります。(この部屋タイプにはバスタブはありません。)

ベッドの向かいには小さなデスク・テレビ・コーヒーメーカーがありました。

16㎡の小さいお部屋ですが、ひとり旅には十分です。

定員は2名ですが生活スペースとバス・トイレが近いので、気になる方はもう少し広いお部屋の方がおすすめです。

③治安|スリには要注意

わたしの体感ですが、周辺は観光地が多く活気があるエリアなのでわりと安心して出歩くことはできると感じました。

それでも、必ず暗くなる前にはホテルに戻るようにしていました。

人が多いエリアは安心感がある一方で、オペラ座などの観光地ではスリの被害にあう人が非常に多いそうです…。

以前家族旅行でパリに行ったときに母が地下鉄でスリに遭ったので、本当に他人事ではないと感じています。

外では気を抜かず十分注意しましょう…!

ホテル周辺のおすすめベーカリー・カフェ

ホテル周辺はカフェやレストランもたくさんあります。わたしが実際に行った2店舗をご紹介します。

①イートインがあるベーカリー「Les Caprices de Carlotte」

ホテルから徒歩1分の場所にある「Les Caprices de Charlotte」。

中に入るとショーケースにたくさんの種類のパンが並べられています。指さしで注文できるので、旅行者にはありがたいです。

イートインスペースがあってその場でドリンクと一緒にパンをいただくことができます。

わたしは美味しいパンと活気があるお店の雰囲気が気に入って、滞在中2回伺いました。

1回目はクロワッサンを。外側がパリパリで、とても美味しいクロワッサンでした。 Les Caprices de Charlotteクロワッサン

2回目はサーモンのサンドを注文。お皿に盛り付けてくれて、サラダも付いてきました。

Les Caprices de Charlotteサンドイッチ

食べている間もどんどん地元のお客さんが訪れていて、地元でも人気のあるベーカリーのようでした^^

②おいしい軽食が食べられる「Pret A Manger」

イギリス発祥のカフェ「Pret A Manger(プレタ マンジェ)」もすぐ近くにあります。

カフェなのでひとりで入りやすいですし、オーガニック食材を使った体にやさしい軽食が食べられるのがうれしいポイントです。

店内は広々していて、つい長居したくなる居心地のよさでした。

わたしは少しの時間休憩で寄っただけなので飲み物だけ。

パリのプレタマンジェ/Pret A Manger

ちなみにヨーロッパ以外にも店舗があり、アジアではシンガポール・香港にも進出しています。旅行先で見つけたらぜひ入ってみてくださいね^^

さて、ここまでパリのおすすめホテルをご紹介してきました。

最後にもう一度、女子旅で泊まるホテルの条件をおさらいしましょう。

女子旅にピッタリなホテルの条件

①治安がいい

 …必須!

②アクセスが便利

 …タクシーに乗らなくても移動できるように

③インテリアにこだわっている

 …ホテルでもパリを満喫するために

ぜひ安心して宿泊できるホテルを見つけて、ひとり旅・女子旅を楽しんでくださいね!

【今回のTravel Tips】

荷物はできるだけ少なく・軽くして旅行に行きましょう。(ひとり旅では特に大切です!)理由と荷物の減らし方はこちらの記事で解説しています。

パッキングハックス
【女性こそ荷物を減らそう】旅行の持ち物を軽くする方法 「これはあったら便利だな」 「使うかもしれないし一応持っていこう」 パッキング中、こんな風に旅行の持ち物がどんどん重くなっ...

ご質問があればお気軽にコメントください^^

最後までお読みいただきありがとうございました。