【海外】旅人のオススメ

香港の可愛すぎるブティックホテル【ホテル選びのポイントも紹介】

今回ご紹介するのは、2019年4月に香港で宿泊したホテルです。

これまで3回香港を訪れ毎回違うホテルに宿泊してきましたが、もう1回泊まりたいと感じる程のホテルはありませんでした。

立地が良くても設備がとても古かったり、急な坂の上にあるホテルなど、もうここには泊まらないだろうと思うウィークポイントがあるホテルばかりでした。

ですが、今回4回目の香港旅行にして、ようやくまた泊まりたいと思えるホテルに出会うことができましたので、詳しくレポートしたいと思います。

香港で「また泊まりたいホテル」とは?私の3つの判断基準

そもそも、香港でまた泊まりたいホテルとはどんなホテルなのか?

私はいつも1泊1人あたり15,000円を目安に探していますが、この予算内で必須としたい条件は3つあります。

  1. 立地
  2. 清潔さ
  3. 治安

香港では外出している時間が多いので、最低限この3つの条件が満たされていれば、付帯設備やゴージャスさは必要ないかな、と思っています。

ですが、以前香港ならではの立地にまつわる失敗をしたことがありますので、少し触れておきたいと思います。

九龍半島の尖沙咀(チムサアチョイ)周辺は平坦な道が多いのですが、香港島は坂が非常に多く、駅から徒歩10分という距離でも、その道のりは坂道だらけという可能性もあります。

f:id:marinolife:20190510083002j:plain

ヒルサイドエスカレーターを使えば、坂を全て自力で登ることはありませんが、朝の通勤時間帯は下り運転になったり、ホテルによってはエスカレーターを使うことで遠回りになることもあるので、100%使いこなすのは難しいんです。

f:id:marinolife:20190510083015j:plain

タクシーを利用すればいいのでは?というご意見もありそうですが 、雨の時や朝の通勤時間帯はタクシーが15分以上つかまらずに苦労した経験があります。

ホテルの立地が良ければ買ったものを一度ホテルに置き行ったり、お部屋で休憩することもできますので、ホテルの場所はとても重要です。

香港島の街並みは歩いていて本当に楽しいのですが、ホテル選びの際には、Googleマップなどで徒歩での経路検索をして、高低差を調べるのがおすすめです!

立地、清潔さ、治安文句なしのお洒落なブティックホテル

前置きが長くなりましたが、今回宿泊したホテルをご紹介したいと思います。今回のホテルは、先程挙げたの3つの条件を満たしている上に、とても可愛いインテリアも楽しめるホテルでした。

そのホテルの名前は「Attitude on granville(アティテュード オン グランヴィル)」。尖沙咀駅から徒歩3分というとても便利な場所に位置しています。

駅近な上、繁華街の中心に位置していますので治安は問題ないかと思います。

f:id:marinolife:20190514075349j:plain

入り口が小さく分かりづらいのですが、同じ建物の一階にナイキのショップが入っているので、ナイキを目印にしていました。

 

エントランスを入ると、早速可愛らしい内装に迎えられます。こちらは地下鉄の駅にある案内板をモチーフにしているようです。

f:id:marinolife:20190514075338j:plain

1階の受付。

今回お世話になることはありませんでしたが、ホテルのスタッフらしき方がいらっしゃいます。

f:id:marinolife:20190514075328j:plain

さて、フロントがある5階へ向かいます。

エレベーターは2基あり、同じビルに入っている「YUM CHA」などの他テナントと共用です。エレベーターもとてもオシャレでした。

 

フロント階はカラフルな可愛らしいインテリアで彩られています。

f:id:marinolife:20190514075317j:plain

 フロントの奥にあるワーキングスペースは落ち着いた雰囲気で仕事が捗りそう。

f:id:marinolife:20190514075306j:plain

おしゃれなだけではなく、フロントのスタッフの方もとても感じが良かったです。

到着時はひどい豪雨で心が折れかけていたのですが、にこやかに迎えていただいてとても嬉しかったです。

遊びゴコロと過ごしやすさが共存する部屋

さて、チェックインしていよいよお部屋へ。

予約したのは「COZY」というタイプのツインルームでしたが、「ELITE」という1ランク上のお部屋にアップグレードされていたようです。

(このブログを書いていて気が付きました。笑)

こちらのお部屋は、尖沙咀のホテルとしてはゆったりめ。ソファベッドもあり、2人には十分な広さです。

壁には香港の街をモチーフにしたアートが描かれていて、お部屋の中でも楽しい写真が撮れますね^^

f:id:marinolife:20190514075806j:plain

 ベッドは部屋の一番奥に設置されているので、就寝中に廊下の騒音が気になることはありませんでした。ベッドライナーもとてもかわいいです。

f:id:marinolife:20190514075755j:plain

小さいながら、デスクがあるのも良かったです。お化粧をするには暗かったですが、ちょっとした作業をするだけなら十分。

デスク横にはハンガーラックとセキュリティボックスも完備されています。

f:id:marinolife:20190514075732j:plain

最後に水回りです。設備は新しく清潔でした。

清潔なら十分ですが、可愛いすぎる内装なので水回りの写真を撮りまくってしまいました(笑)

f:id:marinolife:20190514075743j:plain

 シャワールームはスケスケ(笑) でも、きちんと扉が付いています。

(仕切りがカーテンのみのお部屋もあるようです。)

f:id:marinolife:20190517082814j:plain

ちょっとしたモノを置ける棚も多く、とても使いやすい水回りでした。

コスパも◎で女性のひとり旅にもオススメ

香港・尖沙咀のホテル「Attitude on granville」をご紹介させていただきました。

立地・清潔さ・治安については高いレベルでクリアしている上、ハイセンスなインテリアも楽しめるホテルでした。

なお、私が宿泊した2019年4月の値段は、COZYタイプで1人当たり2泊約23,000円

香港のホテルの中では値段もお手頃ですし、私は次回の香港旅行でもこちらに宿泊したいと思っています。

毎日夜10時ごろまで出歩いていましたが、治安の面で怖さを感じることは無かったので、女性のひとり旅にもおすすめです。

ただ、人が多いエリアですので、スリなどの犯罪には合わないよう貴重品にはご注意ください。