【海外】旅人のオススメ

マンゴープリンだけじゃない!糖朝で朝から香港グルメを満喫

香港2日目にして最終日の朝、香港グルメを満喫するべく糖朝という尖沙咀のレストランに行ってきました。スイーツが有名なお店ですが、おいしい広東料理も食べることができます。朝早くから幅広い種類の香港グルメを楽しめる皆さんにおすすめしたいレストランです!

詳しくご紹介していきたいと思います。

便利な場所で朝早くから営業

糖朝は、尖沙咀の駅から徒歩約5分という便利な場所にあります。キンバリーホテルからは徒歩10分くらいでした。営業時間は平日は8:00〜、休日は7:30〜ですので、ホテルが近ければ帰国日でもチェックアウトの前に行くことができます。

私達が伺ったのは日曜日の午前10:00頃で、すぐに入店することができました。

動画を撮りたくなるスイーツ

糖朝の後にアフターヌーンティーが控えていたので、スイーツは1種類を3人でシェアしました。注文したのはこちらの豆腐花といわれるスイーツです。

メニュー名は確か、マンゴーパールゼリー。(いつも正確でなくて申し訳ありません。)

外側のボウルにはドライアイスが! 写真では中のスイーツが見えていますが、風が無ければドライアイスに覆われてメインの部分は完全にみえないです。笑 風を送ってタイミングを見計らい、写真を撮りました。笑

これは写真よりも動画を撮影した方が後で見た時に楽しいです。こちらを注文されたら是非動画を撮ってみてください^^

さて、写真の通り見て楽しいスイーツですが、味ももちろん美味しいです!ビクトリア・ピークで食べた豆腐プディングも豆腐花の一種かもしれませんが、糖朝の豆腐花はマンゴーの味がよく絡んでいてとても美味しかったです。

黒いタピオカも一粒が大きくてもちもち。食べごたえがありました。

複数名で行かれる場合は、1つをシェアして他の料理も注文されるのをおすすめします!

香港のローカルフードも初体験

糖朝にはスイーツ以外のメニューももちろんあります。香港で絶対に食べたかった腸粉というローカルフードをいただきました!漢字を見ると躊躇してしまうかもしれませんが、これがまた美味しかったのです。写真はこちら。

腸粉という料理名からは想像できませんが、米粉のクレープ生地でお肉を巻いたものになります。これだけは味があまりないのでタレをかけていただきます。もちもちの生地とタレがとても美味しいです。中から汁は出てきませんが、タレの味も含めて小籠包に近いです。

朝ごはんが甘いものだけというのはアラサーには厳しいものがあるので(笑)、腸粉と交互に食べていました^^

 

以上、今回も日本人観光客に有名な糖朝の感想をお伝えしました。こちらもメニューに日本語表記もありますので安心です。

今回ご紹介したお料理以外にもお粥などのローカルフードがメニューにありますので、香港が初めての方に特におすすめです。この記事が皆さんの参考になれば嬉しいです。